ぱそやんうぇぶ

へぼSEのツールやTips紹介ブログ

バッチ

コンピューター名を取得してファイルリストを作成後zip圧縮するバッチ

更新日:

どうも

こんばんは

タイトルそのままのバッチをこの前作成したので紹介します

自分用ならファイル名ベタ打ちでもいいんですが、周りに共有するって観点で

%COMPUTERNAME%でコンピューター名を取得するところと

%~dp0でバッチを起動したパスを取得して動作するようにしてるところと

最後にzip圧縮する為にコマンドライン使ってるところがミソです

最終的に作るのは

コンピューター名_C_YYYYMMDD.txt

コンピューター名_D_YYYYMMDD.txt

この2ファイルを圧縮した

コンピューター名_C_D_YYYYMMDD.zip

の3つです

起動時に作業用フォルダの作成と、前回作ったファイルを削除するコマンドも入れています

どうもWindows標準でzip圧縮するコマンドはないようなので、7zipのコマンドラインを落としてきて使います

※インストールしないのでレジストリも弄りません

では、ご紹介

7zipのコマンドラインをダウンロードする

以下のリンクにアクセスしてダウンロードしてください

7zipコマンドラインのダウンロードページ

2015-12-14 22_17_29-手順書テンプレ - コピー.xlsx - Microsoft Excel

ダウンロードしてきた7z1512-extra.7zを解凍します

2015-12-14 22_20_48-Program Manager

解凍出来ない場合は

7zipをこちらから落としてインストールするか

7zipダウンロードリンク

自分と同じやつ使うのであればWinRARを落としてくると解凍できるようになります

40日間無料ですが圧縮と解凍だけであれば40日過ぎてもできます

WinRARダウンロードリンク

バッチ作成

解凍した7z1512-extraフォルダを

バッチ作業用フォルダにコピーします

仮にFilelistworkというフォルダでも作成してそこに入れましょう

こんな感じです

2015-12-14 22_41_16-Filelistwork - X-Finder

同じ階層にcreate_filelist.batをおいてください

この画像内にもあるcreate_filelist.batのコマンドを以下に記載します

YYYYMMDDを取得する書き方も覚えてたらいいと思います

ではではー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バッチ

Copyright© ぱそやんうぇぶ , 2019 All Rights Reserved.